生命保険の見直し

生命保険の見直しなら、SSP Groupへご相談ください。

貴社の生命保険の付保状況を経営者様および従業員様を「4つの視点」からリスク分析し、“適切な付保再構築”をご提案いたします。

「4つの視点」によるリスク分析の着眼点

経営者・役員 従業員
視点1.経営者・役員の死亡リスク

死亡退職金・弔慰金・企業防衛準備資金の原資確保

  • 「経営者・役員」に万一の場合、ご家族への保障と企業への保障が必要となります。
  • 経営者・役員への「標準報酬月額」という考え方に基づき、役員報酬額・在任年数・企業規模などから適切な保障額を算出します。

【対応する保険種類】

(長期平準)定期保険、逓増・逓減定期保険など

視点3.従業員の死亡リスク

死亡退職金・弔慰金の原資確保

  • 従業員に万一の場合、遺族への死亡退職金や場合によっては労災上乗せ保障などが必要になります。
  • 死亡退職金規程、弔慰金規程、労災上乗せ保障金規程などのサンプル提示と合わせて適切な準備手段をご提案します。

【対応する保険種類】

総合福祉団体定期保険、定期保険、養老保険、長期傷害保険など

視点2. 勇退時退職金・功労加算金の原資確保

勇退時退職金・功労加算金の原資確保

  • 経営者・役員の退任時には、退職金・功労加算金が支払えるような準備が必要です。
  • 役員報酬額在任年数等から妥当な退職金額を算出し、準備期間を考慮しつつ、準備手段をご提案します。

【対応する保険種類】

長期平準定期保険、逓増定期保険

視点4. 従業員の生存リスク

退職金の原資確保

  • 従業員に対する退職金規程の整備とその原資の確保は、優秀な人材の確保・流出防止 を図る上で重要な経営課題の一つです。
  • 退職金制度を巡る環境を把握し、最後の情報とともに、ニーズに即した有効な手段を ご提案します。

【対応する保険・制度】

DC(確定拠出年金(401K))、DB(確定給付企業年金)、養老保険、長期傷害保険など

保険コストの削減『保険設計の改善』が可能です!
生命保険の見直しをお考えの方は、是非SSPGroupへご相談下さい。